真室川町の土砂災害危険箇所について

2014年9月30日

 

土石流、地すべり、急傾斜地の崩壊など、土砂災害のほとんどは、長雨や大雨が引き金となって起こります。山形県では、これまでにも効果的な土砂災害対策を実施するため継続的に危険箇所等の調査を実施し、その結果を『土砂災害危険箇所』として広く公開しています。

真室西

真室川町南部

真室川町東部

さらに、山形県では『土砂災害危険箇所』を基本対象として、土砂災害を受けるおそれのある区域の地形・土地利用状況などの調査を行っています。この調査は一般的に“基礎調査”と呼ばれ、危険度判定の基準も詳細に定められており、その基準に当てはまる区域を「土砂災害警戒区域」又は「土砂災害特別警戒区域」として県知事が指定します。

◆土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)

土砂災害が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域

◆土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)

「土砂災害警戒区域」のうち、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれのある区域

 真室川町の土砂災害警戒区域等の指定状況

お問い合わせ

総務課
電話:0233-62-2111