うるしセンター

2010年6月17日

漆の生産から木地製品の開発、漆器の生産販売まで行い、見学・体験(要予約)も出来ます。

うるし産業振興プロジェクト計画

漆塗り


 昭和56年、真室川町では「うるしの主産地」づくりをめざして、その開発計画プランを具体化し、漆による産業振興に着手しました。

昭和58年、会員28名による「うるしの会」を結成し、講演会や講習会などの活動が活発化していきました。

それ以降、「うるしのかき取り」の実修や、「塗り師研修生」の派遣など、先進地の協力を得ながら着々と計画の具体化を進めました。

 また、昭和62年には自治省の「地域経済活性化緊急プロジェクト」の採択を受け「うるし産業振興プロジェクト計画」を策定。そして、町と「うるしの会」が一体となり、植栽から漆器製品の販売まで一貫した産業をめざす「うるしセンター」の建設へと進んでいきました。

 

 

漆採取

 町立うるしセンター

うるしセンター
「うるしセンター」は、当町の主要産業と期待される、うるしの生産から木地製品の開発漆器製品の生産販売までを集中して行うための、新規地場産業育成のための施設です。
この施設は、国の林産集落進行対策事業の補助のもとに建設されたのもで、「真室川うるし産業振興の拠点」となっています。巨木ストラップ絵付け体験(要予約)もできます。
電話:0233-62-2033

 

 

 



身近に漆を感じてみませんか?

巨木ストラップ好評発売中!(定価1,000円)

まむろ川温泉 梅里苑・真室川森の停車場・うるしセンター 他で取り扱っております。

 

 

 

 

漆器

 

 

 

お問い合わせ

農林課
電話:0233-62-2111