真室川町立歴史民俗資料館

2010年6月17日

主に山林に関わる仕事とくらしをモチーフに各種道具や当時の仕事の様子を展示しています。また、当町出身の版画家 中川木鈴の版画を展示しています。

真室川町立歴史民俗資料館

 三方を山に囲まれている真室川町は、昔から山林資源に関する仕事が主流でした。伐採・運搬・薪炭・細工加工など、人々の暮らしにはこうした山林資源の恩恵によって成り立ってきました。当館では、山林に関わる仕事と暮らしをモチーフに、各種道具や、当時の仕事の様子が分かりやすく展示されています。

館内案内

展示ホール

  • 町の立体模型図(縮尺1/25,000)
  • 町のあゆみ(年表)
  • 写真パネルと山野の鳥獣
  • わらべ唄(子供人形2体)

展示ホール

第一展示室

  • 鋸 約200点
  • 木挽風景(人形)
  • 樹林写真パネルと樹木
  • 山仕事の用具
  • 狩(狩猟用具・鷹匠の等身大人形)
  • 民具と農具(衣・食・住・根舟と臼)

第一展示室

第ニ展示室

郷土が生んだ芸術家故中川木鈴(版画家)先生の作品と資料

  • 描(スケッチ・色・筆)
  • 版画・日本画
  • 刻(刃物・版木)

第二展示室


真室川町立歴史民俗資料館

開館時間

  • 4月1日~10月末 午前9時~午後4時30分
  • 11月1日~3月末 午前10時~午後4時

休館日

  • 月曜日及び祝祭日の翌日。
  • 毎月末日(その日が日曜日のときは、その前日)。
  • 12月29日~1月3日

入館料

  • 小学生~中学生   50円
  • 高校生以上一般  100円

電話

0233-62-3511

 

外観

 

お問い合わせ

教育課
電話:0233-62-2111