国民健康保険料

2014年1月6日
  • 保険料の算定
  • 金額
  • 軽減措置等

保険料の算定

 国民健康保険料は、真室川町内に住所がある国民健康保険加入世帯の世帯主に課税されます。
 世帯主が勤務先の健康保険等に加入していても、同じ世帯に国民健康保険に加入している方がいれば、国民健康保険料の納税義務者は世帯主となります。ただし、金額については加入者のみで算定されます。

 

区分算定の基礎平成25年度医療給付分の料率平成25年度支援金分の料率平成25年度介護保険分の料率
所得割 加入者の前年中の合計所得から基礎控除を差引いた額 5.6% 2.2% 1.7%
資産割 加入者の本年度分の固定資産税額
(償却資産分を除く)
20.0% 15.0% 8.0%
均等割 世帯内の加入者数 1人当り
20,000円
1人当たり
7,000円
1人当り
8,000円
平等割 加入世帯一律 特定世帯以外
21,600円
特定世帯
10,800円
特定世帯以外
9,600円
特定世帯
4,800円
世帯当り
6,000円


 特定世帯とは、二人で国保加入していた世帯で、一人が国保から後期高齢者医療制度に移ったことにより、国保加入者が一人となった場合をいいます。

保険料の税額

所得割+資産割+均等割+平等割=年額

 

医療分(課税限度額51万円)と支援金分(課税限度額14万円)と介護分(課税限度額12万円)の合計額が、国民健康保険料の年額となります。
 年度中に加入・脱退があった場合、年税額は加入期間の月割で計算されます。

保険料の軽減

国民健康保険に加入する世帯で、次の所得制限に該当する世帯については、年額が軽減されます。

 

軽減の対象世帯

減額割合

世帯主とその世帯に属する被保険者及び
特定同一世帯所属者の前年の総所得金額等
(被保険者均等割額+世帯平等割額)の合計額×下記の割合
イ 33万円以下の世帯 7割
ロ 33万円+(24.5万円×世帯主を除く被保険者+特定同一世帯所属所属者の数)以下の世帯 5割
ハ 33万円+(35万円×擬制世帯主を除く被保険者+特定同一世帯所属者の数)以下の世帯 2割

  • 特定同一世帯所属者とは、国保から後期高齢者(75歳)医療制度へ移行になった後も、継続して同一の世帯に、属する方を言います。
  • 世帯で、1人でも未申告の方がいる場合は、減額判定ができませんので、世帯全員が所得申告を、行って頂くようお願いします。
  • 減額判定は、賦課期日(4月1日)現在で判定しますが、年度途中で新規に国保になられた世帯は、その時点で判定をします。

担当課

町民課

電話:0233-62-2111 236(内線)237(内線)238(内線)

 

お問い合わせ

町民課
電話:0233-62-2111